生まれ変わった銚子電鉄「仲ノ町駅」をご紹介します!

銚子電鉄は開業から93年、本社でもある「仲ノ町駅」もその歴史とともに歩んできたため、外装・内装ともに老朽化による壁の剥がれや建物のゆがみなどが目立つ状況でした。

そこで地元の銚子商業高校では「銚電メイクアッププロジェクト」として、改修に必要な費用をクラウドファンディングで集め、レトロ感を残しつつもきれいな駅舎への改修を実現させました!

しかし、室内の宿直室部分である居住スペースには手をつけることが出来なかったため、
早稲田ハウスは銚子商業高校の「銚電メイクアッププロジェクト」への応援の一環として、銚子電鉄の仲ノ町駅を「究極の寝室」にリフォームし、寄贈いたしました。

今回は、そのリフォームの様子を、ビフォー・アフター調で以下のストーリーでまとめてみました!
(1)リフォーム前
(2)土台工事
(3)断熱材及び炭塗り
(4)完成
(5)3月8日にお邪魔した際の写真

どうぞご覧くださいませ!

(1)リフォーム前

(2)土台工事

(3)断熱材及び炭塗り

(4)完成

(5)3月8日にお邪魔した際の写真

また、銚子電鉄の乗務員さん皆さまからの感謝の声が届きましたので合わせて掲載させていただきます。

「究極の寝室になった宿直室」

まず入社して最初に思ったことは、ここで寝なくちゃいけないの?が本音でした。
実際に宿直すると、臭い・湿気・ほこり・隙間風・外の声が気になり、熟睡はとても出来ませんでした。
短い仮眠の時間でも三度、四度と目が覚めてしまいます。

もちろん朝の起床の時間の寝起きは眠りも浅く最悪です。自宅に帰れば宿直室独特の臭いが体にしみて家族からは臭いと言われます。

しかし「究極の寝室」は全く違いました。
工事中も宿直の業務はありましたが、その時すでに「何か違う!すごいぞ」というパワーを感じました。

もちろん完成後の宿直室は炭や珪藻土のおかげで気になる臭いや湿気もなくなり、木のぬくもりや断熱で温かく朝までぐっすりと深い眠りとなり、目覚まし時計が鳴るまで目を覚ましませんでした。
「木ってこんなに温かいんだ」を実感しました。

今までの宿直では一度もなかった経験で、寝坊は絶対に出来ないので、早速次の宿直までに目覚まし時計を1個増やさなくてはなりません。

これからも「ありがとう」の気持ちを忘れずに、この「究極の寝室」の宿直で戴いた「元気」で安全運行に努めていきます。

銚子電鉄の乗務員一同、皆、喜んでおります。
ありがとうございました。

平成29年3月8日
銚子電鉄
運転士 小出様