朝の目覚めがすっきり。心がおだやかでいられた 2011年10月

今日は家族3人で一日わが家を体験に来ました。
今年の1月に息子が生まれ、それまで賃貸でいいと考えていた住居も先を考えると戸建てを購入したいという思いに変わり、家さがしを始めて半年、息子のかかりつけの小児科医院がきっかけで早稲田ハウスさんの門戸をたたきました。
昨年、妊婦時代から早稲田ハウスさんのことは「きれいのたね」(松戸)を通じて知っており、レッスンなどに何度となく通う中で、体や心に良いものを、というコンセプトや1Fのレッスンスタジオで使われている床材の心地よさ等を実感し、共感していたので、今日は一日体験を家族で楽しみにしていました。

30日は事前に早稲田ハウスさんの他の物件を見学した後だったので、実際に泊まることで、家づくり(室内、室外など諸々)を今後どうするか具体的に考えることに役立ちました。以下、泊まって感じた体感レベルでの変化です。
・9カ月の息子がずーっと元気いっぱいだったこと。(ほとんど泣きぐずりしなかった)
・家では、くしゃみしたり、目をこすったりしていた息子が、全くそうしたことをしなかった。(アトピー体質や喘息など全くありません)
・家の中の空気がまろやかに柔らかく感じた。
・朝の目覚めがすっきり、すーっと起こされた。
・初めての場所では、どこかしら緊張するところがあるが、ずーっとくつろいで心がおだやかでいられた。(イライラしなかった)大人よりも抵抗力が弱く、まだしゃべったりできない0才児の変化は何よりも正直だと思います。
これまでは家を建てる購入するに当たって、設備の良さ、間取りや居住性の快適さなど、目に見える部分にフォーカスしていましたが、一日宿泊してみて、”やはり、家は10年、20年、30年、もっと住んでいくのだから、住んで心地良く、飽きのこない本物の家じゃないといけないなあ”と考えを改めるに至りました。

家探しから家づくりへと考える機会を与えて下さりありがとうございました。
今、このタイミングで早稲田ハウスさんと出会えたご縁に感謝です。

2011年10月30日 松戸市 古賀様