寝室が変われば睡眠が変わる
       

寝室が変われば睡眠が変わる

終の住処として50才を過ぎたご主人様が建てた念願のお家。

その寝室が「究極の寝室」。

自宅の西側には江戸川沿いの緑地が広がり、見晴らしが良く、

富士山や東京タワー、スカイツリー、都内の高層ビルが見渡せる立地に

「究極の寝室」で毎日お休み頂く。

このご自宅を「最後のふるさと」と呼ぶご主人は、

家を建てた節目の日を忘れることなく、最高の至福のときを過ごすことが

何よりの天からのプレゼントであると仰います。

森井様邸の施工事例はこちらからご覧になれます。