究極の寝室

睡眠は「長さ」より「質」が大切

人生の約3分の1を費やす睡眠時間。それなのに、寝つきが悪い、熟睡感がない、昼間に眠くなる…など、睡眠の質に不満を覚える日本人は、約3人に1人というデータもあります。不眠は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病やうつ病、肥満の誘因にもなり、健康被害を被る確率が高くなることが報告されています。かといって、長時間睡眠をとればよいわけではありません。良い睡眠とは、睡眠時間の長さだけではなく、睡眠の質が重要になってきます。私たち早稲田ハウスは、この「睡眠の質」を高めることを目的とした「究極の寝室」づくりを企画しました。
ご自宅の寝室のみを「究極の寝室」にリフォームすることが可能です。
詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

家づくりの流れ

きれいな空気の家

現場への取り組み

耐震・制震

アフターフォロー

自然派健康リフォーム

究極の寝室