健康住宅「きれいな空気の家」

材料に配慮し、自然素材を使う。
これらはとても大事な要素ですが、健康で快適な暮らしを営むために最も配慮すべき点として、私たちは「空気」に着目しました。

私たちが提供する「きれいな空気の家」は、環境に左右されやすい赤ちゃんを健康住宅の基準とし、自然の力を活用した3種の環境改善技術(いやしろの住まい)で良質な空気環境をつくります。

赤ちゃんでも安心しておだやかに暮らせるような良質な空気に包まれた住まいを提供する。
その想いを実現するのが、「きれいな空気の家」なのです。

空気と健康の関係

人が摂取する空気は、食事や飲み物の約5倍です

人は、食事や水を1日あたり約3〜5㎏摂取しています。
一方、空気は重さに換算して1日あたり15〜20㎏摂取すると言われていますので、1日に体に取り入れる物質の80%以上が空気であるという計算になります。

近年、飲み水はミネラルウォーターが一般的になり、食べ物は無農薬野菜や無添加食品が普及するなど、安全性が重要視される時代となりました。
一方、空気は肺から血液を通じて直接体内に取り込まれますが、食事に比べるとあまり気をつかわれていないのが現状です。
摂取する量を考えると、「空気質」が健康に大きな影響を与える存在であることがわかります。

 
こんなに汚染されている、住宅の空気質

私たちが考える健康住宅

健康住宅には次の2種類の考え方があります。
●消極的健康住宅…有害物質を出す材料を極力使わない。換気をする。
●積極的健康住宅…特定の環境改善技術を使い、空気環境を積極的に改善する。
私たちは、有害なものをできるだけ使わず、換気して空気を新鮮にし、有害因子を減らしていくという考えを一歩進め、積極的に健康を増進できるような空気を実現するため、3種の環境改善技術(いやしろの住まい)を採用しています。人間にとって老化や病気の要因となる“酸化”を抑制する技術として、土地・建物・室内に3種の環境改善抗酸化技術をつかい、その相乗効果により、心身の健康をもたらす「きれいな空気の家」を実現することができます。

きれいな空気に包まれ人も我が家も健康に。
「いやしろの住まい」のポイントは、「土地」から空気環境を改善すること。
加えて、「建物(基礎)」と「室内」に対する3つの技術で、マイナスイオンが豊富な環境をつくります。このように増幅されたイオンパワーと自然素材との相乗効果で、抗酸化・還元作用を生み出します。
また、室内空間だけでなく土地環境を含めて住空間の改善に取り組んでいます。室内だけに対処しても外部要因やその後の環境の変化を受けてしまいます。土地から建物、そして室内にすべて配慮することではじめて健康快適な空間が実現できると考えています。

家づくりの流れ

きれいな空気の家

現場への取り組み

耐震・制震

アフターフォロー

自然派健康リフォーム

究極の寝室