公共交通機関従事者の安全を確保 銚子電鉄の「宿直室」と犬吠埼ホテルの「乗務員客室」が「究極の寝室」に生まれ変わります

銚子電気鉄道(株)(千葉県銚子市 代表取締役社長 竹本勝紀)、千葉県レクリエーション都市開発(株)(千葉県山武市 代表取締役社長 池田信満)と早稲田ハウス(株)(千葉県松戸市 代表取締役社長 金光容徳)は公共交通従事者の睡眠の質を向上させることで銚子の公共交通機関の安全を確保する新しい取り組みを始めます。

犬吠埼ホテルでは、バスツアーの最後までお客様の大切な命をお預かりする運転手に質の良い睡眠を十分にとって頂きたいという想いから、全国で初めてバス運転手のために「究極の寝室」を提供することに致します。
(「究極の寝室」とは、銚子電鉄「ありがとう外川駅」ネーミングライツパートナーの早稲田ハウス(株)が、不眠や睡眠不足で悩む人々がぐっすり眠れるように開発した寝室)

また早稲田ハウスは、銚子商業高校の銚電メイクアッププロジェクトへの応援の一環として、ネーミングライツパートナーである銚子電鉄の仲ノ町駅の宿直室を、乗務員が質の良い睡眠をとり安全運行に務めることができる様「究極の寝室」にリフォームし、銚子の観光に貢献する目的で、銚子電鉄に寄贈します。

現在は工事を行っており、以下の日程で発表させて頂きます。一般のお客様向けの見学会もありますので、お気軽にご参加ください。
なお、当日の様子は、後日お知らせ致します。

日時:平成29年3月9日(木)
会場 : 絶景の宿 犬吠埼ホテル 千葉県銚子市犬吠埼9574-1

13:45 報道関係者様 「乗務員・バス運転手のための「究極の寝室」」説明会
14:15 「究極の寝室」テープカット 報道関係者様「究極の寝室」内覧(内覧後に取材時間をご用意しています)
15:15 一般のお客様向け見学会